美GENE(美ジーン)は美容マニアの間で大人気

美geneは混合肌の人は季節によって洗顔回数を変えてみる!

私はインナードライで外はオイリーの混合肌です。若い頃はオイリー肌だったのですが、だんだんと乾燥が気になるようになり、冬場はTゾーン以外はカサカサになります。

 

吹き出物も、Tゾーンにできるものとあごにできるものでは種類が違う感じがします。

 

年々冬場の乾燥が気になるようになった私は、乾燥の季節は、洗顔料を使って顔を洗うのは夜だけにしてみました。朝はぬるま湯でTゾーンを中心に洗います。
すると、カサカサしていた頬や口周りの乾燥が少しづつ落ち着いてきました。そして、あごにできやすかった吹き出物もほとんどなくなっていきました。

 

それからは、夜は洗顔料、朝はぬるま湯という洗顔方法を続けていたのですが、季節が変わり、今度は乾燥以上に皮脂が気になるようになってきました。

 

この季節になるとTゾーンはテカリやすく、吹き出物ができやすくなってきます。そこで、今度は朝も洗顔料を使うように変えてみたところ、テカリやTゾーンの吹き出物が出にくくなりました。

 

洗顔料を使うといっても、洗うのはTゾーンが中心で、頬や口周りは最後に泡を乗せる程度にしています。こうすることで乾燥しやすい場所は洗いすぎないように気をつけています。

 

年齢とともに肌も季節の影響を受けやすくなってきたので、基礎化粧品はもちろん、洗顔方法も季節によって変える必要があるんだなと実感しています。

 

私のスキンケアのこだわりについて

 

若い頃から様々なスキンケア化粧品を使って来ました。あらゆるメーカーの化粧品を使って行く内にお気に入りのメーカーが絞られて来て、そのメーカーのスキンケア化粧品をライン使いするようになりました。化粧水や乳液、美容液は勿論のこと、クリームやパックも全て揃えて愛用していました。

 

良いお値段のする化粧品だったので、その分効果も高く満足していましたが、だんだんと沢山の化粧品を使うことに疑問を覚えるようになりました。化粧品でケアをし過ぎて肌を甘やかしているような気がしていたのです。

 

そこで少しずつ化粧品の種類を減らして、スキンケアのステップも少なくするようにしてみました。以前は化粧水からクリーム、パックまで毎日のように行っていましたが、現在は化粧品と乳液のみ、月一回程の頻度でパックをするというかなりシンプルなものに落ち着きました。結果的に肌への影響は全く無く、むしろシンプルなスキンケアになった現在の方が肌が安定しているように感じています。

 

外部から与えられる余計なものを減らしたことで、肌本来の力が発揮されたのではないかと考えています。肌が持つ力をこれからも最大限に活用するために、今後もシンプルなスキンケアを心がけたいと思っています。